銀杏の会 桃太郎

ミュージカル
12 /05 2015
市民劇団 銀杏の会 第47回本公演 『桃太郎』 を鑑賞してきました。

H271205.jpg

続きを読む

銀杏の会 『くるみ割り人形』

ミュージカル
11 /08 2014
銀杏の会  第46回 本公演 『くるみ割り人形』 を鑑賞してきました。

H261108_001.jpg


続きを読む

ガーランドハイム

ミュージカル
11 /30 2013
桐朋学園短期大学 芸術科 演劇専攻二年 ミュージカルコース 試演会 へ行ってきました。

H251130_001.jpg


続きを読む

ふたりのロッテ

ミュージカル
02 /10 2013
市民ミュージカルを観に行ってきました。

H250210_001.jpg


続きを読む

椿名真子ミュージカル・ラフォーレ

ミュージカル
08 /01 2010
『三ツ矢堂製麺』  で つけめん をいただいてきました


H220801_001.jpg


続きを読む

キャッツ

ミュージカル
03 /20 2009
劇団四季の【キャッツ】に行ってきましたダッシュ(走り出す様)
http://www.shiki.gr.jp/applause/cats/main.html

キャッツを観るのは2回目です。
と言っても、1回目は国立音楽大学ミュージカル部の芸術祭での公演ですがあせあせ
学生の手作りとあなどっちゃ~いけません。
かなり本格的でレベルの高いものでしたので、感動しましたし、それがきっかけでキャッツに興味を持ったのですからわーい(嬉しい顔)
CDを入手して何度も何度も聴きましたるんるん

そんな訳で、劇団四季のキャッツを一度は観てみたいと思っていたのですが
いつでも行けるからそのうち行こうと思っていたら
なんと、東京公演は5月3日で千秋楽をむかえるというじゃありませんかexclamation
慌ててチケットを取ろうと思ったら、時既に遅し、千秋楽までのチケットは完売ですげっそり

そんな折、後輩からの「チケットあるから行きませんか」の声がけに
二つ返事でチケットを譲り受けましたわーい(嬉しい顔)

そして念願のキャッツシアターへぴかぴか(新しい)

ロビーから会場へ足を踏み入れると、まさにそこはキャッツの世界です猫
18:30開演です。
いつもCDで聴いているおなじみの「オーヴァチュア」が流れると猫たちがぞくぞくと登場します。
この時点で気分は一気に絶頂に達しますわーい(嬉しい顔)
そして息もつかさぬ展開で猫たちのパフォーマンスは続きます。

終盤の「メモリー」~「天上への旅」~「猫からのごあいさつ」では、言葉では言い尽くせない感動を覚えますぴかぴか(新しい)

途中20分間の休憩を挟んで、あっと言う間に約2時間30分の公演は終演を迎えるですが、
カーテンコールでは、これでもかというくらい猫たちが登場して最後の最後まで観る者を魅了しますわーい(嬉しい顔)

このキャッツを10回以上も観る人が居ると聞きますが、それも分かる気がしますわーい(嬉しい顔)
私もすっかりキャッツの虜になりました猫

劇場借用地の使用期限により千秋楽が決まったようですが、再演を願わずにはいられまん。

地震カミナリ火事オヤジ

ミュージカル
09 /27 2008
今年もあと4日で渓流釣りの禁漁をむかえる。

今年の竿納めとして久々に秩父の渓に、鉄兄と足を運んだ。

先日の陽気がウソのように寒い日となり、釣果もいまひとつだったが、いつ来てもすばらしい渓相と、清らかな清流から発するマイナスイオンで心身ともにリフレッシュすることができた。

帰宅した後に、市民会館へ劇団ふるさときゃらばん公演
【地震カミナリ火事オヤジ】の観劇に行った。

前売3,000円のチケットを自分で買ってまでは行こうとは思わないが、職場の上司からもらったので、あまり期待はせずにどうせタダだから行ってみるかという軽い気持ちで出かけた。

が、しかし実際にこの公演を観て
「これは3,000円以上の価値はある。この劇団の他の公演も観てみたい」と思った。

とにかくよかった。本当によかった。

みなさんも是非一度ご覧あれ。
http://www.furucara.com/

ミュージカルにんぎょひめ

ミュージカル
12 /09 2007
市民劇団 銀杏の会 第39回公演
『ミュージカルにんぎょひめ』が所沢ミューズ・マーキーホールで行われた。



銀杏の会と書いていちょうの会と読むこの劇団の公演は、昭和50年に
第1回公演が行われ、今回が39回目という伝統と実力のある劇団である。

今回の公演は、風船集団バタフライによるバルーンアートとのコラボレーションも見所の1つであり、神秘的な海の様子がよく表現されていた。
主役アリエルの衣装も風船で出来ていて見事であった。

台本も音楽も全てオリジナルで、歌に踊りに演出にいたるまで全てがアマチュアの域を超えていて、こんなすばらしいミュージカルを無料で楽しませていただくのは申し訳ないようである。

所沢ミューズでは、さまざまな団体が催し物を行っているので、関心をもたれたら是非足を運んでいただきたいと思う。

お腹がすいたら近くに満州ぎょうざもあるのでそちらもどうぞ。





このお店のラーメンを食べたのは初めてだったが、私には若干薄味に感じた。

ピンチョロ