ちょこたび埼玉 酒蔵めぐり in 小川町

埼玉
03 /26 2016
昨年3月に開催して好評だったこのイベント

今年で2回目の開催となります。

主催:小川町酒蔵めぐり実行委員会

協力:埼玉県

場所:晴雲酒造(株)、松岡醸造(株)、武蔵鶴酒造(株)


H280326_002.jpg


JR八高線にて小川町駅へ


H280326_003.jpg


3つの酒蔵間の移動には無料シャトルバスを利用できます。

バスに乗り込み、まずは一番遠い松岡醸造さんへ向かいます。


H280326_004.jpg


松岡醸造さんは、全国新酒鑑評会にて

埼玉県内最多記録である8年連続金賞受賞蔵です。


H280326_005.jpg


既に大勢のお客さんで賑わってます。


H280326_006.jpg


試飲コーナーには長蛇の列ですが、とりあえず並びます。

10分ほどでようやく酒にありつけます

一通り飲んでみましたが、どれも美味しい


H280326_007.jpg


試飲だけでは物足りないので

1杯100円で販売の樽酒をいただきます

おつまみは地元のお寿司屋さんが出張販売の

あん肝生姜煮、炙りからすみとチーズ、酒盗とクリームチーズ、玉子焼を購入


美味しい~


H280326_008.jpg


たまたま同じテーブルでご一緒した方の中に

この企画の仕掛人でもある県の観光課の方(以下県庁さん)がおられました。

県庁さんの話によると、昨年は県が音頭取りをしてこのイベントを実施しましたが

今年は町の実行委員が中心となり開催に至ったとのことです。

今回はお仕事としてでなく、参加者としてご夫婦で訪問されたそうです。

県庁さんに名刺をいただきましたが

県の職員という顔以外に、埼玉県のための一番搾りプロジェクト

オリジナルメンバーとう顔も持たれています。

仕事できるオーラがキラキラしてる方でした


県庁さん以外に同じテーブルを囲んだ方の中に

アメーバブログ 我が家の栄養素 リコピン日記 の管理人

リコピンさん という方がおられたのですが

なんと私と同い年! しかも、城好き酒好き

これだけ共通点があって意気投合しないハズがありません!

県庁さんも城好きと言うことでみんなで盛り上がりました

せっかくなのでみんなで記念撮影


名残惜しいですが、みなさんとお別れし、次の酒蔵へ


H280326_009.jpg


2件目は晴雲酒造さん

天皇賞受賞の無農薬米使用の「おがわの自然酒」が有名です。


H280326_010.jpg


こちらは甘酒の無料サービスがあります

もちろんいただきます


H280326_011.jpg


試飲コーナーはさっきほどではないものの

順番待ちの列ができてます。

試飲の種類が少ないのでわりと流れは良いです。

5種類全部飲みましたが、既に酔っ払いなので

よく味がわかりません


H280326_012.jpg


樽酒は1杯200円

もちろんいただきます

ここでも同じ卓を囲んだ方々と意気投合し談笑


次の酒蔵へは徒歩圏内なので

みんな一緒に移動します


H280326_013.jpg


3件目は武蔵鶴酒造さん

関東信越国税局酒類鑑評会最優秀賞受賞

及び全国新酒鑑評会金賞受賞蔵です。


H280326_014.jpg


酒蔵の雰囲気はここが一番いいかも~


H280326_015.jpg


試飲は比較的スムーズにできますが

もう何を飲んでもよくわかりません


ここでリコピンさん達が再び合流


こちらの酒蔵には樽酒の販売がないので

近くに地ビールが飲める店があるので

そちらで飲み直そうって事になり移動


H280326_016.jpg


やってきたのは 麦雑穀工房さん

しかし、本日予約で満席との事

外で飲むからビールだけ売ってくださいと交渉し

店先で乾杯


まだまだ飲み足りない御一行様

小川町と言えば太田ホルモンは外せないよね~

そうと決まれば早速


H280326_017.jpg



H280326_018.jpg


ハァ~ 満足満足

メチャ美味しかった~



「またどこかの酒蔵イベントでお会いしましょう


これにて解散



楽しかった~


関連記事

コメント

非公開コメント

ピンチョロ