ピンチョロ雑記帳

ARTICLE PAGE

三面川解禁

今回の新潟遠征では三面川で解禁を迎える事となった。

20:00 激しい雷雨の中、荷物を積込み出陣。

2:00 途中越後荒川の様子など見ながら三面川に到着。
場所を決めてとりあえずビールで渇いた喉を潤おす。

4:00 囮屋へ行くがまだ寝ている様子。
しばらくすると店主が起きてきた。

日釣券と囮を購入して釣りの仕度を整え、ポイントで解禁の時を待つ。



6:00 いよいよ解禁。

早速囮を泳がせるとすぐに目印が飛ぶ。

しばし入れ掛かりが続くが、7:00ころにピタリとあたりが遠のき、壱坊さんはトロで見釣りを始めた。



しばしその様子を見ていたがおもしろい。

その後はポ-----ッポ-------ッ程度で16:30に納竿とした。


     博さん

     壱坊さん

     弘智名人

    私の釣果(35尾)

型も数も満足である。

本流の様子を見に行くとデカイのがたくさん泳いでいて石色も良いのだが全く追う気配がなさそうだ。




腹ごしらえをして明日のポイントへ移動する。



ダムの放水で水位が高いが、一か八かで越後荒川で明日は竿を出すことにして高田橋の下でテントを張った。



不眠で迎えた解禁の疲れとアルコールも手伝ってぐっすりと眠った。

翌朝は5:00に起床。



水位は若干落ちついたようだが水温は14℃とかなり低い。

日中気温は上昇したが水温は思ったより上がらず追いが悪く貧果に終わった。

14:00に納竿として、10日の魚野川解禁の下見をして岐路についた。



石色は最高で18cmほどの鮎が元気よく泳いでいた。

私は都合で行けないが博さんと壱坊さんの豊漁を願う。

状況次第で、12日はここで我社つり部の大会になるやもしれない。
関連記事

Comments 0

Leave a reply