ピンチョロ雑記帳

ARTICLE PAGE

秩父鮎解禁

今日の解禁は一人で行くつもりでいたが、村さんから声がかかったので同行する事に。

6:15 村さんが迎えに来る。

7:00 武の鼻橋から様子を伺うが例年より人も少なく、魚も見えない。


いつもなら上の写真のポイントには必ず付くのだが全く見えない。
水位も高く、垢もとんでいるようである。

上流のさくら橋に鉄兄(師匠)の実兄が居るという情報が入ったので様子を見に行く。



橋の上から兄に声を掛けると4つ掛けたとの事。

このポイントでは群れ鮎が確認できたが、皆その中に囮を入れて引っ掛けるというような釣り方をしている。

一級ポイントの瀬でやっている人が居たが、全く竿が上がる気配がない。



その上流の守屋釣場も同じような状況である。

このあたりは吐き出しがあり水位が高いので、さらに上流の柳大橋に行ってみた。



ここが放流最上部なのでここで竿を出す事にした。

この時すでに9:00。

村さんは仕度を済ませ早々と囮を泳がせ始めたが、私は今年の安全と豊漁を祈願して恒例の儀式を。




村さんが1尾釣ったら釣り始めようと思っていたが、一向に釣れない。

そのうち村さんが昼寝を始めてしまった。

私も儀式が長引いて1ℓも飲んでしまった。

そのうちに師匠が様子を見にやってきたが、芳しくなさそうなので今日は竿を出さないとの事。

しばし歓談の後にようやく私も竿を出した。
時計の針は11:00を回っていた。

群れの中に囮を泳がせるが一向に掛からない。
ようやく待望の1尾目が掛かった。
これで3年連続坊主は免れた。

囮が変わると次もすぐきたので、これは村さんに回してあげた。

これで息を吹き返した村さんもどうにかこうにか3尾釣り上げ、私は6尾釣り上げ14:30に納竿とした。



残念ながら冷水病の魚が居た。



釣果はいまいちだったが、天気も良く初鮎の感触が味わえた事に感謝。
関連記事

Comments 0

Leave a reply