ピンチョロ雑記帳

ARTICLE PAGE

白雲山鳥居観音

お天気にも恵まれ、暖かいので、お墓参りの帰りに

  『白雲山鳥居観音』 へ寄りました

 

 

   H22.3.20 009

 駐車場に車を停めて、徒歩で救世大観音をめざします。

 

   H22.3.20 010

      『鳥居観音 全体マップ』

 

   H22.3.20 011

     『本堂(七観世音菩薩)』

 ご本尊の聖観音を中央に七観世音菩薩が安置されております。

    

   H22.3.20 012

     『仁王門』

 遊歩道登り口から上がった中腹に仁王門が立っております。
   

 

   H22.3.20 013

     『恩重堂』

 開祖、平沼彌太郎の母・志げの観音堂を建てるという遺言を実現しようと最初に建てたお堂です。

 

   H22.3.20 033

      『平和観音(地球愛護平和観音)』

 観音様の背に鳩の羽を模し、両手で霊水の入った壺を傾け、地球に注いで地球上のあらゆるものを浄化し、天地自然と共に人類の永久的繁栄を祈念して建立されました。見晴らし台になっており、雄大な山々の眺望も素晴らしいです。

 

   H22.3.20 035

   H22.3.20 015

    ここまで来るのに既に汗だくです

   道のりはまだまだ遠いです。

 

    H22.3.20 018

    

 

   H22.3.20 020

      『玄奘三蔵塔』

 玄奘三蔵塔には、孫悟空の活躍で知られる物語「西遊記」の三蔵法師、正式名は玄奘三蔵法師の霊骨が祀られております。

 

   H22.3.20 022

      『納経塔』

 ガンダーラ遺跡から発掘されたものを参考に、三蔵塔と大観音の中間の面白岩に建立されました。

 

   H22.3.20 029

     『救世大観音』

 大観音の堂宇内には阿弥陀如来像など多数の仏像が安置されております。また永代供養の悲願を込めた高さ33センチの観音一万体が奉られております。土日祝日(冬期を除く)には堂内を拝観することができます。また展望台は高さ27mあり、奥武蔵の山々を一望することができます。 

     

  往復2時間あまり、いい運動になりました

 心身ともに癒されました

 

     合掌

関連記事

Comments 0

Leave a reply