ピンチョロ雑記帳

ARTICLE PAGE

アリス・イン・ワンダーランド

『アリス・イン・ワンダーランド』
3D(日本語吹替版)を鑑賞してきました


アリス・イン・ワンダーランド
解説: 児童小説家ルイス・キャロルが1865年に発表した「不思議の国のアリス」と、その続編「鏡の国のアリス」のヒロインであるアリスの新たな冒険を、ティム・バートン監督がイマジネーションあふれる世界観で描くファンタジー。
アリスを演じるのはオーストラリア出身の新進女優ミア・ワシコウスカ
ストーリーの鍵を握る重要なキャラクターである帽子屋を、ジョニー・デップ。
そのほかにヘレナ・ボナム=カーターやアン・ハサウェイら豪華キャストの出演も話題となっている。

ストーリー:想像力豊かな19歳のアリスは、退屈な男ヘイミッシュから求婚され、困惑して逃げ出してしまう。すると彼女の前に懐中時計を持った白いうさぎが現れる。うさぎのあとを追ったアリスは、あやまってうさぎの穴に転がり落ちてしまう。アリスがたどり着いた先は、アンダーランドと呼ばれるワンダーランド。その不思議な国は、独裁者・赤の女王によって支配されており、そこに暮す奇妙な住民たちは暗黒時代を終わらせる救世主の登場を待ちわびていた。そして、彼等はアリスこそがその救世主だという……。


3D映画初体験です

ストーリーは子供から大人まで可もなく不可もなく
楽しめる内容だと思います。
だってファンタジーですから

でっ、3Dを見た感想ですが
創造していたのとちょっと違いました

映像がドッ~ンっと飛び出してくるのかと思っていましたが
そうではなくて
奥行きがあるって感じですね。

シーンによっては、今にも手で触れられそうな場面もあって
3Dの良さを実感できます

しかし、このアリスに関しては、まだ3D映画が珍しいということで
話題にもなりましたので、体験としては良いと思いますが
3Dの良さが活かしきれてない観があります。

今後、続々と3D映画が上映されると思いますが
内容によって2Dと見分けたほうがいいと思います。

単純にアリスファン、ファンタジーが好きという方は
映像的には美しいですし、煩わしい鑑賞用メガネをかけないですむので
むしろ2Dの方がいいかもしれませんね
関連記事

Comments 0

Leave a reply