ピンチョロ雑記帳

ARTICLE PAGE

BMW Motorrad GS TROPHY JAPAN 2012 (1日目)

6/2 () ~ 3日 (

BMW Motorrad 最大のオフロード・キャンプ・イベント

GS TROPHY JAPAN 2012  

観戦キャンプツーリングへ行ってきました


H240602_001.jpg 



GS TROPHY INTERNATIONAL の予選会も開催されるこのイベントに

いつもお世話になっているディーラーさんが主催する観戦パックにて参加です。


H240602_002.jpg 


本体は、朝5:00に道の駅八王子滝山を出発

私は6:00に関越自動車道かみさとSAで合流です。

店長さんを含め参加台数は5台

開催地である新潟県 津南キャンプ場 へ向けて出発です。


H240602_003.jpg 


予定より30分遅れで到着

トランスポーターで一足早く現地に入っていた

入社2日目の新入社員くんと合流です。


早速受付を済ませ、記念品のTシャツとピンバッジをもらい

新人くんが場所取りしてくれていた絶好のロケーションに

各々テントを設営します。


その後、コマ図ツーリング(オフロード)に参加する人と

店長さんが作ったオリジナルツーリング(オンロード)組に分かれ

それぞれツーリングを楽しみます。


H240602_004.jpg 


私は、オンロード組に参加です。

予定していた林道が通行止めだったりしましたが

快適なワインディングを堪能。


主催者が用意した昼食をいただきに

GSトロフィー選考会会場である、さかえスキー場へ向かいます。


H240602_005.jpg 


ゲレンデに設けられた特設コースで行われている

デモ走行を見ながら、きのこカレーをいただきます


昼食を食べ終えてほどなく、GSトロフィー選考会のスタート時刻が迫ってきました。

30分間のエンデュローレースで、スタートはルマン式です。


H240602_006.jpg 


スタートの合図で一斉にバイクのところまで走ります。

バイクまでたどり着くと、今度はバイクを押してコース内に入り

そこでようやくエンジン始動です。

この時点ですでに体力を消耗しているライダーもいます。

一周目からスタックして動けなくなるライダーや

転倒するライダー続出の過酷なレース展開で

参加者は必死ですが、見ているこっちはとても面白いです



GSトロフィー観戦後は、道の駅さかえに行き、儀式です


H240602_007.jpg 


ここのソフトは以前にも食べたことがあり

激しく美味しかった記憶があったので、みなさんにお勧めしたところ

行ってみようと言うことになったわけです。


生クリームを食べているような味わいがたまりません



日が暮れる前にキャンプ場へ戻ります。


H240602_008.jpg 


18:00から夕食ですが、少し遅れて行ったら既に長蛇の列

40分ほど並んでようやく食事にありつくことができました


店長さんのおごりのビールでカンパ~イ

あんまり期待してなかった料理も意外とおいしかった~


H240602_009.jpg 


ステージ上ではGSトロフィーの表彰式

METZELERのブースなんかも出ていて

みなさん大いに盛り上がっていました



食事の後は、トランポに乗って近くの温泉へ向かいます


H240602_010.jpg 


やってきたのは しなの荘  入浴料は600円


自家温泉100%の湯ですが、加温循環されています。

泉質は、アルカリ性単純温泉で、丁度良い温度に管理されており

ヌルヌルとした湯がとても気持ち良いです


一日の疲れもすっかり癒え、体もポカポカです


キャンプ場へ戻り、お楽しみのアレをします



H240602_011.jpg 


そう、キャンプの醍醐味と言えば、やはり焚火です


静かな夜空のもと、ただ炎を眺めているだけで心が落ち着きます


同じ趣味を持った者同士、話しは尽きません


談笑しながら、夜は更けていきました 



2日目へ続く


関連記事