しぞーかおでん

静岡
04 /27 2013
GW前半戦、なにも予定を入れてなかったのですが

急な思いつきで静岡おでんを食べに行くことにしました。

H250427_001.jpg


おでんには付き物なので、当然のことながら運転して帰ってはこれませんので

当日の朝、じゃらんで安いビジネスホテルに予約を入れて、エフロク号で出発です

開通して間もない圏央相模原相川ICから乗り、新東名駿河湾沼津SAで休憩

新静岡ICで高速を降り、県27(阿部街道)~国1(静清バイパス)~宇津ノ谷地区へ


H250427_002.jpg


宇津ノ谷地区は静岡市の西端、旧東海道の丸子宿と岡部宿の間に位置し

街道を往来する旅人たちが休憩した静かな山あいにある40戸ほどの集落です。

ここで は、街道の面影を残す懐かしい雰囲気を感じることができます。

静岡市では、この地区を都市景観条例で「美しいまちづくり推進地区」に指定し

街道の面影を残すまちなみの保存に取り組んでいます。

そし て、この活動が評価され、国土交通省による平成17年度都市景観大賞

「美しいまちなみ賞」の美しいまちなみ優秀賞を受賞しました。


H250427_003.jpg


H250427_004.jpg


H250427_005.jpg


H250427_006.jpg


集落から少し歩くと、日本初の有料トンネル 『明治トンネル』 に辿り着きます。


H250427_007.jpg


トンネル内部は、色合い豊かな赤レンガの重みのある内壁とトンネル内を照らすやさしい灯りによって

文明開化の匂いが漂う、実に趣のある空間となっており、国の登録有形文化財となっています。


H250427_008.jpg


トンネルを往復し、再び集落へ戻り、昼食とします。


H250427_009.jpg


木造作りの趣きがある落ち着いた外観の蕎麦屋さんです。


H250427_010.jpg


H250427_011.jpg


店内は明るく、低めのテーブル席に座り心地のよい椅子でゆっくりくつろげます。


H250427_012.jpg


H250427_013.jpg


H250427_014.jpg


H250427_015.jpg


H250427_016.jpg


当店おすすめの天せいろ(1,575円)とせいろ(840円)を注文。


H250427_017.jpg


H250427_018.jpg


蕎麦粉100%の十割蕎麦です。

蕎麦通ではないのでよくわかりませんが、普通に美味しいです。


H250427_019.jpg


天ぷらは、海老2本、舞茸、筍、蕎麦がき

そばつゆに入れてもいいですが、岩塩を付けても美味しいとのことなので

言われるままにその岩塩でいただくと、サクッとして実に美味しい♪

蕎麦処きしがみ


昼総合点★★★☆☆ 3.8


関連ランキング:そば(蕎麦) | 静岡市駿河区その他




H250427_020.jpg


食後のお散歩に大鈩不動尊


H250427_021.jpg


続いては駿府城公園

H250427_022.jpg


H250427_023.jpg


東御門・巽櫓(入場料200円)の見学を終えたところで今宵の宿へ向います。


H250427_024.jpg


一晩世話になる ビジネスホテルマスターチ さん


H250427_025.jpg


じゃらんの口コミにもありますように、レトロな雰囲気ムンムンです


H250427_026.jpg


H250427_027.jpg


1階フロント脇にある談話室と無料のマンガ貸し出しコーナー

備え付けのコーヒーや紅茶も無料で自由にいただくことができます。


8階建ての各階のエレベーター前には、ご主人が収集したと思われる

昭和の香りがプンプンする懐かしい小物類やらが所狭しと展示されています。

H250427_028.jpg


H250427_029.jpg


H250427_030.jpg


H250427_031.jpg


H250427_032.jpg


宿泊する部屋は7階ですが、一通り全部の階に行って写真を撮ってきました


少し休憩した後に、歩いて15分ほどの今回の旅の目玉である青葉おでん街へ繰り出します


H250427_033.jpg


 ビルが建ち並ぶ近代的な街中に忽然と現れる、昭和40年代の雰囲気のレトロな横丁。

「愛ちゃん」「おさと」「幸多路」「みよしの」「みすず」といった屋号を記した提灯が点いた

「おでん屋」が十数軒ずらりと並んでいます。

どこも一間ぐらいの入口の小さな店で、カウンターに10人ぐらい座ると満席ですが

屋台の雰囲気そのままにガラス戸の向こうからは

おでん鍋を囲んで楽しく談笑する声が聞こえてきます。

戦後、この辺りに軒を連ねていたおでん屋台が

昭和32年の市街地の再開発のもと撤去されることになり

置き場だった所に屋台が集まって、おでん街として今に残りました。


H250427_034.jpg


静岡おでん(しぞーかおでん)五ヶ条

・黒はんぺんが入っている

・黒いスープ(牛スジ)

・串にさしてある

・青のり・だし粉をかける

・駄菓子屋にある

といった定義で、屋台で「酒の肴」に、駄菓子屋で「おやつ」に

もちろん「おかず」でも食べられています。


H250427_035.jpg


どの店にしようか迷ったあげく、コチラの店に決定!


H250427_037.jpg


まずは生ビールでのどを潤します。

お通しのイカに煮付けがいい味でています


H250427_036.jpg


おでんは自分で好きなものをお皿にとっていただきます。


H250427_038.jpg


ご主人のトークも面白く、お酒がすすみます。


H250427_039.jpg


おでん街を後にして、ほろ酔い加減で静岡駅方面へぷらり散策です。

もう少し飲みたい気分なので、お得意の「はなの舞」へ


H250427_040.jpg


H250427_041.jpg


酔っ払って何処を通ってホテルへ戻ったか覚えてませんが

写真を整理してたらこんなキレイな場所を通ってたみたいです


H250427_042.jpg


ホテルへ帰ると、スタッフの方が愛鉄馬にシートを掛けてくれてました

(感謝感謝)


H250427_043.jpg


ビジネスホテルにしては珍しく広々とした風呂に入って床につきました


これで1泊1人3,500円は安い!

機会があればまたお世話になりたいと思います。



関連記事

コメント

非公開コメント

お~さん

しぞーかおでん
牛すじもちろん入ってますよ~
一番美味しかったかも^m^

このホテル
静岡観光の拠点には最適です!
ツーリングに是非ご利用くださいませ(^o^)

こんばんは~!

しぞーかおでんには牛すじなんて
入っているんですか~!!
すごく美味しそうですね~♪

今回泊まられたホテル…リーズナブルな
上に面白いものがたくさんあって
なんかいいですね♪

みゅったさん

口コミを見て一発で決めました!
駅からはちょっと遠いので
ビジネスマンからはちょっと敬遠されてしまうのかもしれませんが
観光の拠点には申し分ないです(^^♪

ステキな町並みでしょ~♪
この夏はバイクで、おでんとセットで是非!

燃やしさん

静かな観光客もほとんど居ない
素敵な町でした(^o^)

黒はんぺんは意外にも普通の味でした(^^ゞ

バイクのカバーといい
満足度は極めて高いホテルです!

こんにちは~

なんだかユニークなホテルにお泊りになったのですね。

しかし、ステキな町並み。
行ってみたいとこがまた増えちゃいました。
おでんもおいしそう~~

確かに町並みが美しい!!
どの写真もドラマの1シーンみたいですねぇ(^o^三^o^)

黒はんぺんがどんな味か気になります!!
魚の味が強いのかなぁ・・・

バイクにカバーをかけてくれるとは!!
いいホテルだなぁ

ピンチョロ