川越市山田のかかし祭り

埼玉
09 /14 2014
川越市山田のかかし祭りへ行ってきました。

H260914_001.jpg


前日の下吉田案山子祭り会場はフルーツ畑でしたが

こちらの会場は田んぼ

やはり案山子は田んぼに立っていた方が

より見栄えがしますね~


それでは主だった作品を一挙ご覧いただきましょう


H260914_002.jpg



H260914_003.jpg



H260914_004.jpg



H260914_005.jpg



H260914_006.jpg


いかがでしたでしょうか?

このイベントの公式情報は検索かけても引っかからないので

開催期間など詳細は不明ですが

毎年これくらいの時期に開催されてますので

興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?


場所はこの辺です  地図


ここからバイクで10分ほどの場所に

この時期にヒマワリが満開との情報を入手していたので

そちら場所へ向ってみます。


H260914_007.jpg


やってきたのは 伊佐沼


元気いっぱいのヒマワリが綺麗に咲き誇ってます

まさかこんな時期に満開のヒマワリが見れるとは!


自由に花を摘み取ることもできるみたいで

家族連れやカメラを抱えた写真愛好家の方など

たくさんの人が訪れていました。


お腹が空いてきたのでお昼ごはんに

何を食べようか考えてたら

つい先日、隣町の郷土料理がテレビで紹介されていたのを思いだし

それをいただきに川島町へ向かいます。


H260914_008.jpg


とりあえず情報収集のため公民館に立ち寄り、マップをゲット!

お目当ての料理を食べられる店は20軒弱あるようですが

雰囲気のよさげな店に当たりをつけてバイクを進めます。


H260914_009.jpg


店に向かう途中 「せんべい」 のぼり旗が目に留まり

ちょこっと寄り道

ここ 川島屋さん は、創業昭和2年の老舗米菓製造会社です。

毎週日曜日は特売日として工場直売をしているそうです。

お買い得商品がダンボール箱ごとズラリ並んでます。

試食もできて、どれも美味しいので迷っちゃいます

結局お勧めの3点と100円コーナーの品を2点お買い上げ


H260914_010.jpg


お店に到着

店のまん前が畑になっていて

のどかなとても良い雰囲気の店構えです。


H260914_011.jpg


テーブルと小上がり合わせて30席ほどの店内

満席だったのでしばし待ちます。

10分ほどで席に案内されます。


H260914_012.jpg



H260914_013.jpg



H260914_014.jpg


メニューは一般的なうどん・そば屋さんにあるような

定番品が中心ですが

1品だけ馴染みのない料理があります。


H260914_015.jpg


それは 「すったて」 という川島町の郷土食で

埼玉B級ご当地グルメ王決定戦 で優勝したこともある料理です。


H260914_016.jpg


もちろん 「すったて(850円)」 を注文。

しかし、ここからが長かった~

席は満席ですが、他のお客さんのテーブルには

まだ何も料理が出ていない状態

順番に提供されていきますが

ほとんどのお客さんのもとへは

すったてが運ばれていきます。


H260914_017.jpg


50分ほどでようやく私のもとへも到着


ここでおさらい

すったてとは、すり鉢で胡麻と味噌と合わせ

更に採ってきたばかりの大葉、胡瓜

茗荷などの夏野菜を合わせいっしょにすります。

最後に冷たい水を入れ、良く混ぜて付け汁として

うどんを食べるものです。

名前の由来は、胡麻、味噌、野菜などの具材を

「すりたて」で食べていたところからきているようです。


では、早速いただきます。


味噌と具財それぞれの風味が口いっぱいに広がり

つるつるシコシコのうどんとよく合います♪

夏バテ気味の体でもすんなり受け入れられそうな

正にこれは食の知恵の宝庫ですね~


すったてに引けを取らない存在感を示すのが

天ぷら!

店の前の畑で自家栽培された野菜たちを

注文を受けてからじっくり丁寧に揚げられた天ぷらは

塩をかけていただきます。

サクサクのころもに包まれた野菜は

素材の味そのものを味わうことができます。


これは少々待ってでも食べる価値ありですね~


店主のお孫さんらしき子が

小さな体で一生懸命お手伝いしてる姿がほほ笑ましい


会計をしようと立ち上がると

そのお孫さんが愛くるしい笑顔で

「ありがとうございましゅ」


料理の味もさることながら

穏やかな気持ちにさせてくれる

とても居心地の良い店でした




吉庵

昼総合点★★★☆☆ 3.8


関連ランキング:うどん | 川島町その他






これにて岐路へ

すったてをいただけるのは9月いっぱい

11月からは呉汁に切り替るそうです。

今度は呉汁も食べに行ってみたいな~








関連記事

コメント

非公開コメント

燃やしさん

モデルとなるキャラクターに似せようと
努力の跡は見受けられるけど
どこか間の抜けた感じが
案山子の魅力でもありますね~(^^♪

このお店
外観も内装も接客も味も
全て良しって感じですね~♪

川島町ではすったてと呼びますが
一般的には冷汁と呼ばれる方が多いでしょうね~(*^_^*)

NoTitle

自作かかしはこの手作り感がいいっすね(ノ ̄ω ̄)ノ
トトロとか可愛いけどうすっぺらいwww

お店ですが店外もいいし、店内も綺麗だけど落ち着いた雰囲気でいいですね~
すったては食ったことないんですが、人気なんですね。
オレのダチがつくってくれた冷汁にそっくりだ!!

らんさん

すったて
呼び方は違うにしろ
こうした食べ方は他でもしてそうですよね~(*^_^*)

ひまわり
特に管理人が常駐してるわけでもなく
摘み放題ですよ~♪

NoTitle

こんにちわ。
すったて、
飯能でも家庭で食べられているみたいですよ。
私はよそ者なので知りませんでしたが、
近所のお宅で初めてお昼にだしていただいた時には
なんだかショーゲキでした(笑)
ひまわり 摘み放題なんですか?
行ってみようかしら♪

ピンチョロ