ピンチョロ雑記帳

ARTICLE PAGE

宝登山

宝登山 へ登ってきました。

H260923_002.jpg


宝登山がある長瀞までは電車で

秩父フリーきっぷ  を利用して向かいます。


H260923_001.jpg


この切符は、西武線発駅から西武秩父駅までの往復乗車券と

芦ヶ久保駅~西武秩父駅間と秩父鉄道(野上・長瀞駅~三峰口駅間)の

フリーきっぷをセットにしたきっぷです。

西武線の運賃が割引となるほか

協賛施設や協賛店が割引料金でご利用できます。


H260923_003.jpg


8両編成の車両は横瀬駅で半分に切り離され

前の4両が三峰方面、後の4両が長瀞方面行きとなります。


H260923_004.jpg


長瀞駅で乗り換え、1つ隣の野上駅で下車します。


H260923_005.jpg


駅を出発して暫くはアスファルトの道を進みます。

登山口にたどり着くと、宝登山までの所要時間を記した道標があります。

それによると2時間とあります。


H260923_006.jpg


初心者向けの比較的なだらかなコースですが

終盤にキツイ階段が待ち受けています。

それを過ぎるともうすぐ山頂です。


H260923_007.jpg


山頂に到着~

道標には2時間って書いてありましたけど

1時間20分くらいで登ってきてしまいました。


H260923_008.jpg


山頂には宝登山神社奥宮が鎮座します。


H260923_009.jpg


山頂からちょっと下ったところに

宝登山ロープウェイ
  山頂駅がありますが

それは使わずに長瀞駅方面へ下山します。


H260923_010.jpg


下山して 宝登山神社 を参拝。


H260923_011.jpg


長瀞駅周辺を散策


H260923_012.jpg


長瀞の岩畳は市内有数の観光スポット

ライン下りも有名です。


H260923_013.jpg


長瀞駅から電車に乗って秩父駅まで移動します。


H260923_014.jpg


駅は 秩父地場産センター と一体になっており

レストランで食事をしたり秩父の特産品を購入したりできます。


H260923_015.jpg


駅のすぐ近くでおもしろい自動販売機を発見!

こんなの初めてみました


H260923_016.jpg


駅から徒歩3分の 秩父まつり会館 を見学


H260923_017.jpg


秩父夜祭はまだ一度も見たことないので

祭りを見てみたくなりました。


H260923_018.jpg


秩父神社 を参拝。


H260923_019.jpg


秩父市街を散策


H260923_020.jpg



H260923_021.jpg


ぼちぼち日も傾いてきましたので

かる~くとしましょうかね~

秩父でと言えばやはりホルモン


H260923_022.jpg


ここら界隈では高砂ホルモンが有名ですが

あえて別の店にしてみます。

駅からはちょっと離れた静かな住宅街の中にあります。


H260923_023.jpg


店内はスナックみたいなカウンター席がありますが

そこでは肉を焼くことはできません。

わりと広めな小上がりに

七輪用の穴が開いたテーブルが9卓ほどあり

全部で35人くらい入れそうです。


H260923_024.jpg


開店直後で先客はなし


H260923_025.jpg


14種類ほどある肉の単品メニューは

一人前400円か500円と、とってもリーズナブル


H260923_027.jpg


その他おつまみ系メニューも

300円か400円と、これまたリーズナブル


H260923_026.jpg


とりあえず生ビール(500円)を注文


H260923_028.jpg


ビールでのどを潤したあとは肉選び

選ぶのが面倒なので肉の盛り合わせ(1,800円)を注文


H260923_030.jpg


しばらくすると炭の入った七輪がテーブルにセットされ

ほどなくお肉到着


シロ、レバー、タン、カシラ、コブクロ、タケノコ

ボリューム満点です。


H260923_029.jpg


甘口、辛口、お好みのタレに付けていただきます。

がすすむすすむ


H260923_031.jpg


野菜もしっかり摂らねば!

キャベツ(300円)を追加注文


お肉の盛り合わせは2人で食べて追加なしでも

十分満足できる量でした。


美味しかった~



ホルモン心

夜総合点★★★☆☆ 3.5


関連ランキング:焼肉 | 秩父駅御花畑駅西武秩父駅






店を後にし、ほろ酔い加減で西武秩父駅へ向かいます。


H260923_032.jpg


電車の待ち時間が30分以上ありますので

売店でビールを買って飲みながら待ちます。


電車内は対面シートでほぼ貸しきり状態

発車してまもなく心地よい揺れに誘われ爆睡してしまいました


ちょっとした旅行気分を味わえた1日でした








関連記事

Comments 0

Leave a reply