ピンチョロ雑記帳

ARTICLE PAGE

『駆込み女と駆出し男』 『シンデレラ』

パルコさん からいただいたシネマ株主ご招待券の有効期限が迫ってきたので

ユナイテッド・シネマ へ映画鑑賞に行ってきました

H270524_001.jpg


1本目は 駆込み女と駆出し男

H270524_003.jpg


劇作家・井上ひさしが晩年に11年をかけて執筆した時代小説「東慶寺花だより」を映画化。

江戸時代に幕府公認の縁切寺であった東慶寺を舞台に

離縁を求めて寺に駆け込んでくる女たちの聞き取り調査を行う御用宿の居候が

さまざまなトラブルに巻き込まれながら訳あり女たちの再出発を手助けしていくさまを描く。

『クライマーズ・ハイ』、『わが母の記』などの原田眞人監督がメガホンを取り

主演は大泉洋。寺に駆け込む女たちを

『SPEC』シリーズなどの戸田恵梨香、実力派の満島ひかりらが演じる。


~シネマトゥデイより~



評価:☆☆☆☆


これだけの豪華キャストがそろって面白くないわけがありません。

大泉洋ファン必見です!

お吟が信次郎に背負われて寺を降りるシーンにウルっと

感受性が歳とともに強くなってきており

ちょっとしたことですぐウルっとしてしまう今日この頃



2本目は シンデレラ

H270524_004.jpg


古くから人々に親しまれている「シンデレラ」の物語を実写化したラブストーリー。

継母と義姉妹から冷遇される日々を送っていた女性が、未来を切り開く姿を追い掛ける。

メガホンを取るのは、演技派俳優で『ヘンリー五世』などで

監督としても高い評価を得ているケネス・ブラナー。

テレビドラマ「ダウントン・アビー」で注目を浴びたリリー・ジェームズがシンデレラにふんし

その脇を『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェット

『英国王のスピーチ』のヘレナ・ボナム=カーターといった実力派が固めている。


~シネマトゥデイより~



評価:☆☆☆☆


誰もが知ってるシンデレラの実写版ですが

カボチャが馬車になるシーンやゴージャスな舞踏会シーンは圧巻です。

にしても回りはほとんどカップルと親子連れだらけ

お1人さまはアウェー感満載です



話は変わりまして、つい先日テレビでカリモーチョという飲み物を知りました!

赤ワインとコーラを1対1で割ったものだそうです。


H270524_002.jpg


日本フィルコンさん からいただいたワインが冷蔵庫に転がっていたので

トクホコーラと1対1で割って飲んでみました

炭酸グレープジュースみたいな味ですが、なかなかいけます


飲み口が良いのでワインがちょっと苦手と言う人も、これなら大丈夫かも!

ただ飲みすぎにはご注意を!








関連記事

Comments 0

Leave a reply